Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 神のことばはますます盛んになり広まっていった
投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-03-09 14:15:21 (125 ヒット)

「国内宣教が教団全体の祈りと力を結集して加速的に前進していることは、ただ主の恵みです。

神のことばはますます盛んになり広まっていった

伝道部部長 阿部 起士(自由ヶ丘めぐみ教会牧師)

 同盟教団の国内宣教のために、たゆむことのないお祈りとご協力、そして国内宣教献金のご支援を心から感謝いたします。

 1977年の高崎福音キリスト教会開拓を起点とする教団レベル教会開拓は、2018年4月より15番目の開拓である鹿児島開拓を開始します。まるでNHKが同盟教団と合わせるかのように始めた大河ドラマの「西郷どん」を見ながら、桜島の地、美しい地である鹿児島への開拓にわくわくしています。どうか皆さまのお祈り、ご支援、ご協力をしっかりとお願いします。今回は九州宣教区の祈りと協力によることが大きいことです。

 同時に東海西、東海東宣教区は三重県への開拓準備を開始され、2019年に徳島県の宣教区レベル教会開拓を開始する予定である中国四国宣教区と同時スタートとなります。これで同盟教団の教会のない県は、秋田、和歌山、島根、佐賀の4県です。宣教区が発足して、このように国内宣教が教団全体の祈りと力を結集して加速的に前進していることは、ただ主の恵みです。ハレルヤ!

 「全県に同盟の教会を」の目標達成が視野に入るようになりましたが、同盟教団の国内宣教は「すべての造られた者に福音を宣べ伝えなさい」マルコ16章15節の主のみことばに従って、次の「点から線へ、線から面へ」と歩みを進めます。

 特に今後も都市部への人口集中が増すことであり、どうしても都市への教会開拓が必要です。伝道部では教会堂取得を中心とする従来型の開拓ではなく、都市という状況に合った方法での都市開拓を2018年より準備開始し、開拓伝道者を募集する予定です。今後情報を発信して行きますので、どうかこのためにもお祈り、ご支援、ご協力をお願いします。

 使徒12章24節の表題のみことばは、エルサレムから始まって現在に至るまで、継続しています。次々と襲い来る困難があっても、神のことばは宣べ伝えられています。人々の心に種が蒔かれ、神のことばが重要性を増し、主に立ち返る人が次々と起こり、教会が生まれ、闇から光へ、死から永遠のいのちへと主のみわざが起きているのです。

 それぞれの地で労苦し奮闘していると徒労感にひしがれることもあるのですが、同盟教団全体としてみると「神のことば」は盛んになり、着実に広まっており、主はすばらしい働きを進めていてくださるのです。創造者なる神が本当に語られた「神のことば」です。

 罪を赦し、人を内側から造りかえ、救い、社会にも大きな喜びをもたらす「神のことば」を伝えましょう。その宣教ベースである教会を、これからも次々と開拓して行きましょう。私たちの心の中で、家庭で、教会で、社会の中で「神のことばはますます盛んになり広まっていった」という国内宣教を、推進して行きましょう。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団