Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 家庭教育部 「ティーンズの性を考える」関西地区セミナー実施報告
投稿者 : doumei 投稿日時: 2019-02-04 17:16:52 (157 ヒット)

「ティーンズの性を考える」

関西地区セミナー実施報告

家庭教育部 廣岡拓朗(白山めぐみキリスト教会牧師)
 
 11月23日金曜日、西大寺キリスト教会を会場に「ティーンズの性を考える」関西地区セミナーが開催されました。参加者は、教団内から60名、教団外から1名、講師の齋藤千恵子先生、奉仕者を合わせると計67名となりました。前回の関東地区セミナーに引き続き、今回もたくさんの方々にご参加いただき感謝でした。
 本セミナーは、台湾「チャンピオンズ」の性教育プログラムを紹介すること、そしてプログラムを実施できる指導者の養成を目的としています。講習時間は午前10時半から始まり、途中休憩を挟んで午後5時に終了しました。冒頭でまず、日本の子どもを取り巻く性に関する問題が報告されました。問題がより複雑化・低年齢化している現状を知り、性教育の必要を強く思わされました。
 そしていよいよ全8課のレッスンがスタート。子どもたちが学ぶ内容を実際に体験しながら、指導の心得や方法を学んでいきました。とくに印象的だったことは、⑴テキストの内容がよく工夫されていたこと。楽しく、わかりやすく、積極的に学ぶことができそうです。⑵各レッスンとも最後にみことばが提示されること。神さまの愛と恵みが伝わってきます。⑶SNSなど、最近のテーマも取り扱われていること。指導者自身が時代についていかなければならないとも感じました。
 そしてセミナー終了後、帰り道で学びをもう一度振り返りながら、神さまが造られた性と結婚の素晴らしさと、みことばの真実を思うことができました。充実した1日でした。
 既に宣教区、教会からもセミナーを要望する声が寄せられているそうで、紹介した家庭教育部の一員としてはとてもうれしいことです。今後の開催については、齋藤千恵子先生に直接お問い合わせくだくことになっています。家庭教育部のホームページにリンクしてあります。セミナー開催、ぜひご検討ください。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団