Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 教会紹介 登戸教会(東京宣教区 神奈川県川崎市多摩区)
投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-12-05 15:29:04 (28 ヒット)

教会紹介 登戸教会(東京宣教区 神奈川県川崎市多摩区)

礼拝とみことばと福音に生きる教会

教会員 林 義亜

 登戸教会は、1 9 2 9 年、ドイツ人のブッス宣教師によって開拓され、1984年、現在の会堂が建てられました。

 堤先生、広田先生、川越先生、住吉先生、松原先生の牧会を経て、現在は7代目となる李俊昊( リー ジュンホ) 先生が2016年に就任し、「礼拝とみことばと福音に生きる教会」をビジョンとして掲げ3年目となります。2019年には開拓90周年を迎えようとしています。

 礼拝には0歳から86歳までの幅広い年齢層が集まり、賛美の声や赤ちゃんの泣き声が響き渡る、どのような方でも気軽に集って共に主を礼拝できるアットホームな雰囲気です。また礼拝はライブ配信もしており、インターネット上でも登戸教会の礼拝を見ることができます。月に一度、礼拝後に4つのグループに分かれ、分かち合いの時間を持っています。水曜夜の祈祷会は、駅近くの喫茶店で行い、コーヒーや軽食と、いのちのパン(みことば)を味わっています。

 昨年には、求道者向けの「新しい家族の学び」を、現在は「弟子養育」の学びを行い、さらなる信仰成長を目指しています。今夏には韓国からの短期宣教チームを迎えて、韓国料理教室を開催したり子ども集会を開いたりと、新たな出会いと交わりが生まれました。

 CS「星の子チャペル」では、ジュニア(小学科)ユース(中高科)それぞれに分かれて教会学校を行っています。昨年より、第4土曜夕方に「星の子キッチン」という名前で、地域の子どもたちや、日曜日に集いにくい中高生等を対象に共に食事をする場を開いています。

 来年で開拓90周年を迎える登戸教会が、ますます豊かな交わりと一致をもって主によって建て上げられていくようにお祈りください。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団