Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 教会紹介 仙台のぞみ教会(東北宣教区 宮城県仙台市青葉区)
投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-12-05 15:25:02 (26 ヒット)

教会紹介 仙台のぞみ教会(東北宣教区 宮城県仙台市青葉区)

教団レベル開拓の恵み

教会員 谷口 和也

 仙台のぞみ教会は、今年20周年を迎える日本同盟基督教団の教会です。元は仙台市の東側で借家を借りて始めた教会でしたが、ある時、大家さんのご都合でそこを出なければならない事態になりました。そんな状況の中で祈り求めて与えられたのが今の会堂です。

 その会堂は神様から召命を受け、退職後に神学校に通われ、東京の自宅を売って仙台の地に単立の教会を建て上げられた藤森先生ご夫妻が遺されたものでした。志半ばで天に召された藤森先生亡き後、その会堂は使い道もなく、取り壊しの話も出ていたものでした。でも会堂は、いまだ講壇や椅子だけでなく、オルガンや聖書、聖歌や讃美歌もそろった状態で、再び教会として使われることを待っていたのです。私たちが祈りの末に導かれたのは、そんな「奇跡の会堂」だったのです。それ以降、私どもは、仙台市中心部の北縁の住宅地「桜ヶ丘」にある現在の会堂での宣教をはじめたのです。

 仙台のぞみ教会の歴史を語る上で欠かせないのが2011年の東日本大震災です。軽微な損害で済んだ私どもの教会は、東北地方各地に向かわれる被災地支援の中継地となり、多くのクリスチャンとともに祈ってきました。さらに秋山牧師の出身地であることから、震災後に先生は気仙沼を中心として、傷ついた多くの被災者に寄り添う活動を展開してきました。

 現在、十数人の現住陪餐会員が礼拝を守っています。でも、神様がこの「奇跡の会堂」をお与えになったのも、私たちが楽しい教会生活を送るだけではありません。20周年を機に、「全世界に出て行って」福音を宣べ伝える教会の原点に戻りたいと思います。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団