Welcome Guest 
災害関連情報
ニュース
ご案内
教団各種資料
教団関係者用メニュー
TOP
TOP : 教会紹介 大泉聖書教会(東京宣教区 東京都練馬区) 
投稿者 : doumei 投稿日時: 2018-02-01 15:55:45 (402 ヒット)

教会紹介 大泉聖書教会(東京宣教区 東京都練馬区) 

大泉聖書教会の紹介

牧師 池田 尚広

 大泉聖書教会の母体となったのは、クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン(CAJ)に学ぶ宣教師子弟たちの宿泊する寮で不定期に持たれていた礼拝に集っていた人たちでした。当時この寮は、後にTEAMと合同した団体JEM(ジャパン・エバンジェリカル・ミッション)の所有するもので、JEMは新潟の日本伝道福音教団が宣教主体でした。

 1978年から諸事情によりこの寮を集会場所として使用できなくなり、近くの店舗の一室を借りて集会をするようになり、この時から群れの名前を大泉聖書教会と名乗るようになりました。そして、この年を教会の創立年としています。

 当教会が現在の場所に教会堂を取得したのは、元JEM宣教師でT E A M 宣教師となったモーリス・ジュエイコブセン師の働きが大きかったと言えます。教会が不動産を取得した時はJEMの宗教法人の傘下にありましたが、数年後にTEAMの傘下に入りました。以上のような歴史があるので、今も日本伝道福音教団の機関紙がたまに送られてきています。

 1985年から神学校を卒業された水草修治師が副牧師として着任された後、数年の共同牧会のあとでジェイコブセン師は千葉の開拓伝道に行かれ、水草修治師が牧師として教会の基礎を築かれました。 

 その後、1994年水草師は信州宣教区の小海に開拓に出られ、池田尚広が当教会の牧師となり現在に至っています。当教会は駅から遠くにあるので地域に密着した宣教をする必要があります。懐かしい歌を歌う会や、毎月のトラクト配布などを通して地域に親しまれる教会を目指しています。



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
日本同盟基督教団